ニキビ跡 化粧水 20代

20代のニキビ跡ケアのポイントは?

ニキビ跡 化粧水 20代

ニキビ跡は、ニキビの炎症によって肌の細胞がダメージを受けてしまい、傷跡のようになった状態です。
このニキビ跡ケアのポイントになるのが、肌のターンオーバーの促進や保湿です。
肌が本来持っている再生機能がしっかりと働いていると、20代の若い肌であればニキビ跡を徐々に改善させることも可能です。
ただ、毎日の生活の中で受けるストレスや生活習慣の乱れ、またホルモンバランスが崩れることで、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。
また、今の生活の中では空調設備が発達している反面、空気が乾燥しやすく肌の水分も奪われてしまいます。
そのため、毎日のスキンケアでは、しっかりとした保湿も重要です。

 

20代のニキビ跡に効く化粧水の選び方

 

ターンオーバーを促進するビタミンに注目!

化粧水選びでは、まず配合されている成分に注目しましょう。
ターンオーバーを促進させるためには、肌の生まれ変わりを助ける栄養素が必要になります。
栄養が不足していたのでは、いくらスキンケアや生活習慣の改善をしてもニキビ跡は消えません。
毎日の食事や基礎化粧品によって、肌にしっかりと栄養を与える必要があります。
化粧水に配合される成分として注目したいのがビタミンC誘導体です。
ビタミンCは、メラニン色素の生成を抑制したり、肌にハリを与えるコラーゲンを作るためにも欠かせない成分の一つです。
酸化しやすく、肌に塗っても効果を発揮しにくいのがデメリットなのですが、ビタミンC誘導体ならしっかりと肌に浸透し効果を得ることができます。

 

浸透力も重要なポイント

ニキビ跡ケア用の化粧水を選ぶポイントとして、成分の浸透力も重要です。
例えば、クレーター状のニキビ跡の場合、肌の真皮層にまでダメージが達しているため、真皮層まで有効成分が浸透しなければ効果がありません。
どんなに効果的な有効成分が配合されていても、それが真皮層まで到達してくれなければ意味がないのです。
大抵の化粧水には、肌に良い有効成分が配合されているため、その成分だけを見て選んでしまいがちです。
しかし、重要なのは成分の浸透力です。
高い浸透力に着目して作られている化粧水を選ぶことで、効果的なニキビ跡ケアをすることができます。

 

添加物にも注意

化粧水に含まれる添加物にも注意が必要です。
界面活性剤や香料、着色料など、化粧水によっては多くの添加物が含まれている商品もあります。
添加物の中には肌に刺激となる成分もあるため、ニキビやニキビ跡を悪化させる原因となってしまったり、肌のターンオーバーを乱す原因にもなります。
肌のバリア機能が低下し、ターンオーバーが乱れると、いつまでも経ってもニキビ跡は治りません。
特に敏感肌の方は、添加物の刺激に大きく影響を受けるので注意しましょう。
成分上問題がなくても、肌に合わないこともあるので、パッチテストを行った上で使用することをおすすめします。

 

 

20代におすすめのニキビ跡化粧水

 

ニキビ跡専用の導入型柔軟化化粧水!リプロスキン

肌にはバリア機能があり、このバリア機能が化粧水の有効成分の浸透を妨げる原因の一つとなります。
リプロスキンは導入型柔軟化化粧水と呼ばれ、バリア機能を一時的に低下させることで、有効成分を浸透しやすくしてくれる化粧水です。
口コミでも、「リプロスキンを使って赤みが消えた」、「クレーターが改善した」といった声もあり、評判の高い化粧水です。
ニキビ跡化粧水リプロスキンは、初回限定お試し価格として50ml(約15日分)を2,490円(税抜)で購入できます。
また、60日間の返金保証も付いているので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか?

 

プチプラならハトムギ化粧水がおすすめ!

少しでもお金をかけずにニキビ跡ケアをしたいと考えているのなら、プチプラのハトムギ化粧水がおすすめです。
天然植物由来の保湿成分であるハトムギエキスを配合した、ナチュリエのスキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)は、たっぷり使える500mlで、価格は安いところなら498(税込)で販売されています。
ハトムギは、以前から肌荒れに効果があることで知られ、漢方の生薬として利用されています。
また、肌の新陳代謝促進効果もあるため、ニキビ跡ケアにも最適です。
口コミを見ても、「ニキビ跡が徐々に薄くなった」と感じている人が多数います。
お金をかけずにニキビ跡ケアを考えている人には、最適な化粧水と言えるでしょう。

 

ニキビ跡をトータルでケア!ビーグレン ニキビ跡ケアプログラム

化粧水だけでなく、洗顔料や美容液、クリームなど、トータルケアを考えている人におすすめなのが、ビーグレンのニキビ跡ケアプログラムです。
ビーグレンはニキビ跡ケアとして、肌に負担をかけずしっかりと洗い上げる「クレイウォッシュ」、高い浸透力と長時間の保湿効果が特徴の「QuSomeローション」、ピュアビタミンCが配合された「Cセラム」、肌にハリを与えニキビ跡を目立たない肌へと導いてくれる「QuSomeモイスチャーリッチクリーム」の4つのビーグレン商品を使ったケア方法を提案しています。
口コミではニキビ跡に悩んでいた人がトライアルセットを試して、「1日目で毛穴がほとんどなくなった」と高い効果を実感しています。
ニキビ跡ケアプログラムは、4アイテムの合計で20,500円(税抜)と高価なので、まずはトライアルセットを試してみると良いでしょう。
ニキビ跡ケアトライアルセットは、クレイウォッシュ、QuSomeローション、Cセラム、QuSomeモイスチャーリッチクリームがセットになって1,800円(税抜)で販売されています。

 

ニキビ跡化粧水の正しい使い方

化粧水を使ってニキビ跡ケアをするには、化粧水を使うタイミングが重要です。
タイミングを間違えると、化粧水の効果を実感することができません。
多くが水でできている化粧水は、油分が多い基礎化粧品前に使うのが基本的なタイミングです。
まずは洗顔料をしっかりと泡立てて、肌の汚れを落とします。
そして、洗顔後すぐに化粧水を使いましょう。
洗顔後の肌は乾燥しやすく、時間が経過するほど乾燥が進みます。
洗顔後すぐに化粧水をつけ、肌に馴染んだら乳液や保湿クリームでさらに保湿してください。
その後は、美容液でさらに肌に必要な栄養を与え、乳液やクリームで保湿や有効成分を閉じ込めます。