ニキビ跡 赤み スキンケア

1.そもそもニキビ跡って何?

ニキビ跡 赤み スキンケア

仕事が忙しくて睡眠不足が続いたり、偏った食事が続いたり、生理によるホルモンバランスなど、さまざまな原因でできてしまう炎症ニキビ。
目立つので気になるのですが、炎症がおさまった後も赤みや色素沈着、最悪の場合にはクレーター状のニキビ跡になって、コンシーラーで必死に隠しているという人も多いのではないでしょうか。
目立つニキビ跡は、実は隠さなくても適切にスキンケアを行えば、改善してくれるのです。
ニキビ跡を改善するためには、ニキビ跡ができる原因やその種類を知って、それぞれに適したケアを行わなければなりません。

 

1-1.ニキビ跡ができるメカニズムとは

ニキビは、汚れなどが毛穴につまり、その中でアクネ菌が大繁殖を起こして発生します。
身体は、アクネ菌に対抗するために免疫反応によって対抗します。
炎症がひどい場合、アクネ菌が皮膚にダメージを与えたり、それに対抗したり回復させたりする免疫反応が強く出るため、表面上のニキビの炎症が引いた後もニキビ跡として残ってしまうのです。
特に炎症の強い赤ニキビや、膿ができている黄ニキビの場合には、ニキビ跡が残る可能性があります。
また、同じ場所にニキビを繰り返すなど肌にダメージが何度も与えられると、ニキビ跡になりやすくなります。

2.ニキビ跡には種類がある

ニキビ跡には、大きく分けて3種類のタイプがあります。
ニキビの炎症が引いた後も続く“赤み”のニキビ跡、シミのような色素沈着のニキビ跡、クレーターのように凸凹したニキビ跡です。
赤みのあるニキビ跡は、表面上はニキビの炎症が納まってはいるものの、肌の内部でまだ炎症があって傷ついた肌を治そうと毛細血管が増えており、それが肌表明に透けて見えている状態です。
色素沈着のニキビ跡は、ニキビの炎症によって発生した活性酸素が肌を傷つけ、そのダメージから肌を守るために生成されたメラニンによってできます。
クレータータイプのニキビ跡は、ニキビの炎症がひどく、真皮層にまでダメージを与えてしまうことが原因でできます。

 

2-1.タイプによって違うニキビ跡のケア方法

ニキビ跡には大きく分けて3つのタイプがあり、それぞれ原因が違うのでケア方法も異なってきます。
赤みのあるニキビ跡はまだ炎症が起きている状態なので、炎症を抑えてくれるビタミンC誘導体配合の化粧水や美容液を使用するのがおすすめです。
色素沈着タイプのニキビ跡の場合には、美白成分が配合されている美白化粧水や、ターンオーバーを促すピーリング化粧水などがいいでしょう。
デコボコのクレーター肌には、ハリを与えることが大切なので、プラセンタエキス配合の基礎化粧品が効果的です。
また、導入型柔軟化粧水をスキンケアにプラスして、肌内部までしっかり有効成分を浸透させるのも大切です。

3.スキンケアで重要なのはやっぱり洗顔!

スキンケアは、やっぱり基本が大切です。
特に大切なのが誰もが毎日行っている洗顔です。
いくら高価な化粧品、有効成分がたくさん配合されている化粧品を使用しても、洗顔が正しく行われていなければ、肌に浸透しませんし、逆にダメージを与えてしまうこともあります。
特にニキビ跡ができている肌は、とても敏感だったり、乾燥していたりと状態としては良くありません。
従って、洗顔方法には気をつけなければ、ニキビ跡の治りが遅くなったり、悪化したりする原因となります。
美肌は、毎日の積み重ねによって得られるものですので、今一度あなたも洗顔を見直してみましょう。

 

3-1.正しい洗顔方法を理解しよう

洗顔で大切なことは、汚れや余分な皮脂をしっかりおとして、必要なものまで奪ってしまわないことです。
使用する洗顔料は、刺激の少ない肌に優しいものを使用しましょう。
それをたっぷり泡立てて、濡らした肌を包むようにのせて洗顔します。
決して指でゴシゴシ洗わず、泡を転がして額や鼻など皮脂が多いTゾーンから優しく洗うようにしましょう。
皮脂の少ない頬や口元、目元までたっぷりの泡で洗えたら、素早くぬるま湯または水ですすぎ落とします。
あまり長く洗顔すると、皮脂を奪いすぎて乾燥肌の原因となるので注意が必要です。
すすぎ漏れがないようしっかり洗い流したら、やわらかいタオルで押さえるように水分をふき取ります。

 

3-2.水洗顔がおすすめな理由とは

水洗顔とは、洗顔料やクレンジング剤を使用せずに水だけですすぎ洗いをする洗顔方法です。
水洗顔でも皮脂や汚れなどのほとんどは落ちると言われています。
さらに、肌本来のバリア機能を奪うことなく、汚れや余分な皮脂のみを落とすことができるので、健やかな肌へみちびくことができます。
健やかな肌になることでニキビ肌が改善することもありますし、ニキビができた後のデリケートな状態の肌なら、洗顔料の刺激がないので肌が回復しやすいというメリットがあります。
究極の引き算美容法として、ネットでも話題になっていて、効果を実感する人が多いスキンケア方法です。

4.効果的なピーリングの方法とは

ピーリングとは、古い角質をピーリング剤で取り除き、ターンオーバーを促すスキンケア方法の一つです。
色素沈着タイプやクレータータイプのニキビ跡の場合、ターンオーバーを促すことでニキビ跡が改善しやすくなると言われています。
美容皮膚科などでケミカルピーリング治療が受けられますが、決して治療費は安くはありません。
でも、気軽に自宅でピーリングができる洗顔料や専用ジェルなどが発売されています。
価格も数千円で購入できますし、方法も簡単ですので、いつものスキンケアに取り入れて自宅でニキビ跡ケアを行い、ニキビ跡を改善させましょう。

 

4-1.お風呂上りがおすすめ

ピーリングはそれだけでも古い角質を摩擦や化学反応で溶かして、取り除いてくれるのですが、より高い効果を求めるならお風呂上りに使用するのがオススメです。
お風呂で肌が温まると、角質も柔らかくなりピーリング効果が高まるからです。
湯船にしっかりつかって顔や体全体を温めてから、ピーリング洗顔料を使用しましょう。
夏場で湯船にはあまり浸からないという場合には、蒸しタオルで代用しても大丈夫です。
ジェルタイプのピーリング剤の場合には、お風呂場で使用すると湿気が多く効果が下がる場合があるので、お風呂からあがってから行うのがいいでしょう。

 

4-2.ピーリングをするなら朝より夜!

ピーリングを行う場合は、朝よりも夜がオススメです。
肌のターンオーバーは寝ている間に行われます。
夜寝る前に行って、古い角質をすっきりとってしまうことで、ターンオーバーがスムーズに行われます。
また、朝に行うと角質を取り除いたデリケートな状態の肌の上に、ファンデーションなどの化粧品を重ねなければなりません。
そのため、普段は大丈夫なのに化粧品かぶれを起こすなどの肌トラブルの原因にもなることがあるので、朝のピーリングは避けるのが賢明です。
夜ピーリングを行って、成長ホルモンがたくさん分泌される夜10時から2時までの間、しっかり肌を休められるようにしましょう。

 

4-3.ピーリング後は必ず保湿

ピーリングを行った後の肌は、角質が取り除かれてとてもデリケートな状態です。
そのままほおっておくと、ひどい乾燥肌になったり、ちょっとした刺激に過敏に反応しかぶれや赤みを引き起こしたりすることもあります。
肌を守るために、いつも以上にしっかり保湿を行うことが大切です。
ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドが配合されている化粧水をたっぷり使用して、保湿力の高い乳液やクリームで肌に蓋をし、しっかりアフターケアを行いましょう。
また、導入型柔軟化粧水などの肌にさらに負担をかける化粧品は、ピーリングを行った日は使用を避ける方が賢明です。