ニキビ跡 化粧水 混合肌

混合肌の方がニキビ跡化粧水を選ぶポイントとは

ニキビ跡 化粧水 混合肌

混合肌の方は、Uゾーンが乾燥する一方でTゾーンは皮脂でベタつくなど、顔の部位によって肌質が異なります。
そのため、どちらを重視してスキンケアすればいいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
ニキビケアに対しても同じで、UゾーンとTゾーンでニキビの原因が違うため、どちらかが治っても別の部位が悪化してしまうことがあります。
そんな混合肌の方が、化粧水選びで最も優先すべきポイントが「保湿力」です。
ただし、クリームなどの油分の多いもので保湿するのではなく、肌の水分保持力を高めるものを選びましょう。
また、混合肌の方がニキビ跡化粧水を選ぶ時は、抗酸化成分も含まれているかどうかにも注目してください。

 

保湿成分が配合されているかどうか

混合肌の方の場合、Tゾーンがオイリーなので「さっぱり」タイプの化粧水を使うべきかどうかと迷うところです。
しかし、Uゾーンは乾燥、Tゾーンはオイリーと肌の状態は違うものの、どちらも原因は「肌の水分不足」と共通しています。
肌の水分不足は、バリア機能の低下やターンオーバーの乱れを引き起こし、ニキビなどの肌トラブルを起こしやすい状態を作ってしまっています。
したがって、混合肌の方は肌の保水力を高めてくれるセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分がたっぷり配合されている低刺激のしっとりタイプの化粧水を選びましょう。
乾燥肌用の化粧水もおすすめです。
ただし、オールインワン化粧水は油分が多く含まれているためおすすめしません。

 

ビタミンC誘導体が配合されているかどうか

ニキビや肌トラブルの原因に活性酸素という物質があります。
これを無害化するために抗酸化作用のあるビタミンCが消費されるので、肌トラブルを改善するためにはビタミンCが不可欠です。
ビタミンC誘導体が配合されている化粧水を選ぶことで、ニキビの炎症を鎮めることができますし、肌を再生するコラーゲンを生成する効果もあるため、クレーターニキビ跡跡の治療もできます。
また、過剰な皮脂の分泌そのものも抑制する働きがあるので、オイリーなTゾーンのケアにも有効です。
ただし、ビタミンCはそのまま付けても角質で弾かれてしまい真皮には浸透しません。
必ず浸透力が高い「ビタミンC誘導体」が配合されている化粧水を選びましょう。

 

ニキビ跡用+保湿用の2本使いもおすすめ

混合肌の方は肌質が部位で異なるため、片方が治っても別の部位にニキビができてしまうこともあります。
ニキビ跡用の化粧水を使うことでニキビ跡をなくしたり、皮脂の分泌を抑える作用はありますが、それによって逆に肌が乾燥してしまうこともあります。
混合肌は肌質が部位で異なっても「肌の水分不足」は共通しています。
そのため、ニキビ跡用の化粧水の使用後に高保湿化粧水を重ねて付けることでしっかりと保湿し、新しいニキビを作らない様にすることが重要です。
肌の潤いをキープするためには、ニキビ跡用+保湿用の2本使いがおすすめです。

 

混合肌におすすめ!ニキビ跡化粧水ランキング

リプロスキン

リプロスキンは「浸透性」を追求し、ニキビ跡に効果のある化粧水です。
いくらニキビやニキビ跡に効果のある化粧水を使っても、有効成分が真皮まで浸透しなくては意味がありません。
リプロスキンは、ナノBテクノロジー3.0という独自の浸透技術を使い、有効成分を100ナノ以下の超微細化し、硬くなった肌を柔らかくして美容成分を浸透させます。
しかし、あくまでリプロスキン自体は導入化粧水なので、この後に保湿力の高い乳液や美容液を併用することで効果を実感することができます。
また、リプロスキンはニキビの再発も予防でき、ノンコメドジェニックテスト済みなので、初期ニキビも誘発しにくく安心して使用することができます。
通常購入だと、1ヶ月分100mlが税込8100円、定期コースだと5121円です。

 

エトヴォス 薬用アクネVCローション

エトヴォスシリーズは、保湿成分がたっぷり配合されたスキンケア用品です。
乾燥肌に嬉しい究極の保湿ケア重視のモイスチャーラインと、混合肌に嬉しいニキビケア重視のバランシングライン、年齢肌に嬉しいエイジングケア重視のバイタライジングラインの3種類を展開しています。
その中でも、バランシングラインの薬用アクネVCローションは、エトヴォスの中でもさっぱりとした使用感でベタつかず、肌へ馴染みやすい点が特徴です。
潤いも欲しいけどベタつくのは駄目!と言う混合肌の悩みにぴったりでおすすめです。
進化型ビタミンC誘導体のVCエチルとリチン酸2Kも配合されているので、抗炎症作用が高くニキビができにくい肌を作ります。
また、ニキビケアだけではなく、美白効果もあるのが特徴です。
シリコンやパラベン、石油活性面活性剤なども不使用なので肌に安心安全で、価格は150mlが税込4104円です。

 

化粧水の付け方にコツはある?

混合肌に良い化粧水を選んだとしても、付け方を間違っていると意味がありません。
混合肌の方が化粧水を付ける時に意識して欲しいことは、「コットンを使うよりも手で直接つける」「洗顔後すぐにつける」という2点です。
洗顔した後はすぐに保湿しないと、どんどん肌の水分が蒸発してしまいます。
水分不足の肌には水分蒸発は大敵なので、とにかくすぐに化粧水をつけ保湿しましょう。
また、直接手に取って化粧水を温めながら使用することで肌の馴染みを良くします。
その際に使用量の1/3を手に取り、温めてから頬に付け馴染ませ、また1/3手に取り、目元や口元に優しく付け、最後に残りの1/3手に取りTゾーンに馴染ませてあげると良いでしょう。