ニキビ跡 化粧水 高校生

思春期ニキビとニキビ跡ができる原因とは

ニキビ跡 化粧水 高校生

思春期を迎えると、男女問わず体質や体型に変化が現れます。
その変化を引き起こしているのが、思春期に多く分泌される男性ホルモンです。
このホルモンが影響して皮脂が過剰に分泌され、ニキビができやすくなります。
また、ニキビのケアの仕方を間違うと、治るどころが、炎症を悪化させ、色素沈着や、クレーター状のニキビ跡が残ってしまうのです。
外見を気にする時期に、ニキビやニキビ跡で肌が凸凹になってしまうのは精神的にも悪影響です。
さらにひどい場合だと、思春期を過ぎて大人になってからも思春期のニキビ跡が残ってしまうので、正しいケアの方法を覚えることが非常に大切なのです。

 

中学生・高校生のニキビ跡ケアには専用の化粧水がおすすめ!

思春期になると、日頃からスキンケアを始める人も多いでしょう。
特にニキビができると、ますますケアに力を入れなくてはなりませんが、ニキビ肌には通常のスキンケア用品を使用するより、ニキビに特化した成分が含まれる専用の化粧水を使用することをオススメします。
ニキビは、毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖し炎症を起こすためにできます。
ニキビ専用の化粧水は、アクネ菌の殺菌・繁殖を抑える効果や、皮脂をしっかり洗浄してくれるように作られています。
通常の化粧水にはそのような効果は期待できず、逆に症状を悪化させる場合があるので、ニキビができたら、専用化粧水に変えてケアをするようにしましょう。

 

リプロスキン

「リプロスキン」は、特にニキビ跡に効果のある化粧水として有名です。
クレーターや赤みなどのニキビ跡が残る肌は、肌本来の柔軟性を失っています。
「リプロスキン」はコワゴワした肌の表面上に成分が留まるだけでなく、浸透力を独自の技術で高めたナノBテクノロジー3.0を採用して、角層の奥まで成分を送り込み肌を柔らかくして、ニキビ跡を改善します。
「肌がもちもちで滑らかになった」という口コミが多い化粧水です。
初回はお試し価格で、1本・50ml(約15日分)が初回限定2,490円(税抜)で購入できます(2回目以降は4,980円(税抜)1か月分)。
60日間返金保証がついて、もし肌に合わない場合でも安心です。

 

VCローション

VC(ビタミンC)は、肌のターンオーバー、抗酸化力があり肌に透明感をもたらす成分として知られています。
そんなビタミンCの中でも、肌の中に浸透しやすいVC200を使用、プラセンタ・ビタミンA・E配合したのが「VCローション」です。
ニキビの炎症を鎮め、毛穴の皮脂を殺菌するほか、皮膚の再生リズムを正常にし肌を滑らかにします。
「肌がツルツルに生まれ変わった!」「刺激が少なく敏感肌でもケアできる」との口コミで好評です。
まずは、ローション・エッセンス・VCビタールがセットになったVCスターターセット・1,800円(税抜)を試してみてください!
キャンペーンをしている時期はお得に利用できるので随時チェックしてみましょう!

 

ビーグレン ニキビ跡ケアプログラム

ニキビを繰り返していると、色素が原因の赤みや黒ずみが残ったり、皮膚細胞が破壊されて再生されないままクレーター状のニキビ跡が残ってしまいます。
そんな人には「ビーグレン・ニキビ跡ケアプログラム」をオススメします。
クレイウォッシュで皮脂を洗浄、QuSomeローションで肌の奥から潤し、セラムCで透明感を戻し、QuSomeモイスチャーリッチクリームで肌を守ります。
「ニキビ跡がキレイになった」「色素沈着が薄くなってきた」などの口コミが上がっています。
気になる人は、ニキビ跡ケアトライアルセット(1,800円・税抜)を使用して、効果があった場合、単品購入をするといいでしょう。

 

化粧水の効果を高める正しいスキンケアとは

過剰な洗顔はNG!たっぷり泡で優しく洗おう

ニキビは、毛穴に溜まった皮脂が原因ですが、皮脂を落とそうと強くこすると、肌に刺激を与えてしまい、炎症を進行させてしまいます。
また、一日に何度も洗顔を行うと、今度は必要な皮脂まで肌から奪ってしまい、肌のバリア機能や再生力を無くしてボロボロになってしまいます。
洗顔は、たっぷりの泡で優しくマッサージしながら洗うことが基本です。
そして、洗顔料をしっかりと洗い流し、タオルを優しく肌に当てながら水気をふき取ってください。
洗いからふき取りまで、重要なのは「優しく扱う」ということです。
正しいスキンケアは、ニキビと跡の予防と改善につながるのです。

 

洗顔後の保湿も重要

正しい洗顔をしても、肌をそのまま放置していると、ニキビ跡は治りません。
きれいに汚れを落とした後は、肌を守るために保湿をしましょう。
保湿をすると肌が柔らかくなり、肌のターンオーバーが促されて古い角質が落ち、ニキビが治りやすくなります。
また、バリア機能も高まるので、外部からの刺激を受けずに済み、炎症を起きにくい状態になります。
洗顔後は、潤いをたっぷり与えてくれる保湿力の高い化粧水を使用しましょう。
なお、アルコール入り化粧水はニキビ肌には刺激になるので、避けたほうがいいでしょう。

 

紫外線やタオル・寝具にも注意

ニキビを改善するために必要なのは、洗顔や保湿だけではありません。
いつも使用しているタオルや寝具などの肌に直接当たるものは、常に清潔にしていてください。
汚れたタオルや寝具には雑菌が繁殖しており、肌の炎症をひどくする恐れがあります。
また、外出の際には紫外線を浴びないように帽子をかぶる、日焼け止めを塗るなどの対策をとることをオススメします。
紫外線は、肌を傷つけてニキビの増殖、炎症の悪化を招きます。
また、色素沈着タイプのニキビが残る原因にもなるため、なるべく浴びないようにするのが得策です。
ニキビ跡は、化粧品の力だけに頼るのではなく、普段の生活週間に気を付けてケアしていくことが大事なのです。