ニキビ跡 赤み 理由

1.ニキビ跡が赤みを帯びている理由を徹底解説!

ニキビ跡 赤み

ニキビはできる場所にもよりますが、顔、特に唇周辺や鼻にできたものは、痛いし、気になるしで一大事ですよね。
でも、美容を気にする上で更に気になるのが赤みがかったニキビ跡で、自力だと中々治らないためヤキモキしている人も多いのではないでしょうか。
ニキビ跡を効果的に改善させるためにはまずは敵を知らなくてはいけません。
ニキビ跡が赤くなる原因には、主に2つあるのですがご存知でしたか?

1-1.毛細血管の拡張と増生とは

ニキビとは、アクネ菌が毛穴の中で増殖し、白血球遊走因子をだして、炎症を起こさせるリンパ球やマクロファージなどを誘導し、炎症を起こしてしまう症状のことを言います。
免疫細胞がアクネ菌などを攻撃する際に、毛穴周辺の細胞も破壊してしまうのですが、これによって今度は免疫反応によって細胞が集まり、異物反応や繊維化といった創傷治癒の反応がおこります。
その結果、肌が傷ついてしまった箇所に治癒のため毛細血管が集中してしまい、その部分が赤く見えてしまうのです。
また、炎症が深部まで達してしまうと正常なターンオーバー(肌の生まれ変わり)にも影響してしまうため、ニキビ跡が治らなくなる悪循環にも陥りかねません。
これを避けるためにもニキビはしっかりとした方法で治療しましょう。

1-2.血液が原因のもの

毛細血管の拡張と増生が理由のニキビ跡の他に、内出血による色素沈着が原因でニキビ跡が赤黒くなってしまうことも多々あります。
私たちが日常生活で言っている「肌」とは、皮膚の見える部分、正確に言うと表皮層のことを指します。
表皮層の下には真皮層というものがあり、ここを中心にターンオーバーが行われます。
この真皮層にまで炎症が及ぶと、血管が損傷を受けてしまい、血液が周辺組織、細胞に流出してしまいます。
あのニキビ跡の赤みは流れ出てしまった血液が元になっている場合もあるんです。

1-4.ヘモグロビンが酸素を失うと色素沈着に

血液が赤みの元と説明しましたが、ニキビ跡って赤、というよりは赤黒かったり、どちらかと言えば紫がかった赤ですよね。
より正確に説明すると、このタイプのニキビ跡というのは血液に含まれるヘモグロビンが酸素を失って変色し、それが紫から赤黒い色の色素沈着となって現れてしまいます。
血液の色素沈着によるニキビ跡は、毛細血管が原因のニキビ跡よりも改善するのが大変で、特に自宅でのセルフケアで完治させようとすると非常に莫大な時間と努力が必要になります。
もしも皮膚科などで血液が原因かもしれないと診断された場合には素直にクリニックや病院で治療することをオススメします。

2.皮膚科でニキビ跡の赤みは消せる?

ニキビ跡を改善するための方法として、自宅でのセルフケア、通院で治す、という二つがあります。
自宅で治療するメリットとして一番大きいのは通院する手間がかからない、という点でしょう。
デメリットとしては、治療方法を間違えれば思ったほどの効果がでないこと、場合によっては治療費が高額になってしまう事でしょう。
その点、皮膚科やクリニックで治療する場合には原因に合わせた治療方法を行ってくれるため、最短で最大効果を得ることができます。
料金も高く感じるかもしれませんが、自分で判断してアレコレ買うよりも最終的にかかる費用は病院に行った方がかからない、ということもあります。
では、病院ではどのような方法でニキビ跡の治療をするのでしょうか?

 

2-1.皮膚科で受けられるレーザー治療とは

レーザー治療にも様々な種類があるのですが、基本的には変色してしまった皮膚細胞をレーザー照射によって破壊し、ターンオーバーの正常化を目指します。
変色してしまった皮膚はそのままだとターンオーバーが行われにくく、新しい皮膚を再生させることがとても難しいのです。
これを一旦破壊し、新しい皮膚を生みやすくさせるためにレーザーを用います。
デメリットとしては、他の治療方法よりも施術後は痛みや、施術が原因での皮膚の赤みが出てきやすいです。
ただし、効果としてはピカイチなので十分選択肢に入ります。

 

2-2.皮膚科で処方される薬

実は、ニキビ跡を治療するための外用薬、内服薬が処方されることもあります。
主に、ターンオーバーを促進させるためのビタミン剤や、炎症を抑えるための抗生物質ですが、何もしないよりか遥かに効果があります。
メリットとして、痛みも肌へのダメージが無いため様々な治療方法の中で一番トラブルは起こり辛いと言う点が挙げられます。
ただし、これらだけでニキビ跡を完治させるのはとても難しいのも事実。特に、ヘモグロビンの色素沈着を原因とする場合には抗生物質が意味を成さないため、効果があるのは細菌を原因とするものだけです。
繰り返し処方してもらう必要があるため、実は一番費用がかかってしまう可能性があります。
他の治療と併用するのが望ましいでしょう。

 

2-3.皮膚科で受けられるピーリング治療とは

レーザー治療と並んで用いられることが多いのが、ケミカルピーリングという治療方法です。
これは、ピーリング専用の酸性液を肌に塗ることで古い、変色してしまった細胞を溶かしてしまい、綺麗な肌細胞の再生を促進させる方法です。
非常に高い効果があるのに加えて、レーザー治療よりも肌への負担が少ないことから多くの女性に支持されています。
レーザー治療と同じく、血管が原因のもの、色素沈着に起因するもの両方に用いられるため、どのタイプであっても効果を実感することができます。
ちなみに、最近では、自宅でもできるケミカルピーリング剤も市販されていますが、皮膚科では専門の先生が正しく、効果のある方法で施術してくれるため皮膚科でピーリング治療を受けることをオススメします。

3.市販の化粧水でもニキビ跡を治すのは可能?

皮膚科で治療を受けるべきなのは分かっているけど…、という人も多いと思います。
じゃあ、自宅で絶対にニキビ跡は治せないのか、と聞かれれば、そういう訳ではありません。
かなりの長期戦になりますが、セルフケアのみで治すことも可能です。
ようするに、ニキビ跡を改善するためにはターンオーバーを正常化し、綺麗な肌を再生させることがキモとなるのですが、これが自宅でできるのであれば問題はありません。
ただし、注意点として自力で改善できるのは毛細血管が原因のものだけで、色素沈着によるものはかなり難しいと思われます。

3-1.化粧水でニキビ跡を治せる理由とは

一部市販されている化粧水、美容液は洗浄効果、保湿効果が高く、これらを使って肌を清潔な状態に保ち、保湿をしっかりとすれば徐々に良質なターンオーバーができるようになっていきます。
特に、ビタミンC誘導体が含まれたものは新陳代謝の活性化、メラニン還元効果などニキビ跡に絶大な効果があります。
実際、この成分が入っている化粧水、美容液は口コミ評価などで喜びの声が上がっていることが多いです。
ちなみに、ビタミンC誘導体とは、美容効果が高いビタミンCを肌が吸収しやすいよう人工的に改善された成分のことで、最近注目されている成分の一つです。