ニキビ跡 化粧水 成分

ニキビ跡を改善できる化粧水の条件

ニキビ跡 化粧水 成分

化粧水には、敏感肌やオイリー肌、乾燥肌などそれぞれの肌質にあった化粧水が販売されています。
もちろん、ニキビ跡専用の化粧水もありますが、それはどのような条件を備えているのでしょうか?
まず、ニキビ跡の修復には、ターンオーバーを促進して保湿をするのが効果的なので、保湿成分やビタミンCなどの成分が配合された化粧水がニキビ跡治療には最適です。
また、ニキビができた後は肌が炎症を起こし敏感になっているので、刺激の少ないアルコールフリーであること、界面活性剤を添加していない優しい処方であることが条件です。

 

ニキビ跡のタイプによって有効成分は異なる

ニキビ跡には、赤みが残るタイプ、色素沈着タイプ、クレータータイプが存在します。
赤みタイプは、ニキビの炎症のせいで毛細血管が浮き出るのが原因で、このタイプには美白を促すビタミンC誘導体が配合されている化粧水がオススメです。
色素沈着タイプには、肌のターンオーバーを促し、古い角質を落とすことが重要なので、ビタミンC誘導体や、ピーリングの効果がある有効成分が効果的です。
クレータータイプは、ニキビの炎症が悪化して皮膚の真皮層が破壊され、肌が凸凹になっている状態なので、肌のターンオーバーや保湿を促す成分が配合されている化粧水を選ぶことがポイントです。
自分がどのタイプかをしっかり見極めることが、修復の重要なカギになるのです。

 

赤みのあるニキビ跡にはビタミンC誘導体が必須!

赤みのあるニキビ跡に効果的なのは、抗炎症作用・保湿作用を持つ成分ですが、特にビタミンC誘導体は治療に必須の成分です。
ビタミンC誘導体は、赤みの原因であるニキビの炎症を鎮め、ターンオーバーのリズムを整える効果があります。
また、過剰に出てきた皮脂を抑制して、ニキビ自体を予防する効果もあるのです。
赤みのあるニキビ跡は、他のタイプより比較的治りやすいのが特徴ですが、紫外線など外部刺激によりシミが残る可能性があるので、ビタミンC誘導体配合のスキンケア商品で、早めに対処することが肝心です。
なお、あまりにもビタミンC誘導体の濃度が高いと肌荒れを起こしてしまうので、約4〜5%程の濃さの化粧水を選ぶことをおすすめします。

 

赤みのあるニキビ跡におすすめの化粧水

赤みニキビ跡に効果のある化粧水は、ビタミンC誘導体配合の「リプロスキン(1本 4,980円 税抜)」です。
ビタミンC誘導体で肌のターンオーバーを促し、グリチルリチン酸ジカリウムで赤みの原因の炎症を抑え、プラセンタエキスで肌を透明で滑らかにします。
また、抜群の浸透力で肌の奥までピュアビタミンCや美容成分を届ける「ビーグレンニキビケアセット」もおすすめです。
こちらは、トライアルセット(1,800円・税抜)を試すことができます。
ちなみに、ビタミンC誘導体ではなく、ただの「ビタミンC」が入っている商品は、効果があまりないどころか肌荒れを起こすので使用は避けたほうがよいでしょう。

 

色素沈着ニキビ跡にはビタミンC誘導体やハイドロキノン!

ニキビの後に、茶色や黒ずみが肌に残ってしまう状態を色素沈着ニキビ跡と言います。
ニキビの刺激が原因で、肌の防御機能でメラニンが生成され、それが排出されないで肌の表面にシミを作ってしまうのです。
このシミには、ビタミンC誘導体と、ハイドロキノンが配合されている化粧水が効果的です。
ビタミンC誘導体は、ターンオーバーを促進して肌の角質をきれいにし、ツルツルにします。
ハイドロキノンはシミの元に作用するため、「肌の漂白剤」とも言われ、美白効果を発揮する有効成分です。
色素沈着ニキビ跡には、この二つの成分が含まれている化粧水を使用することをおすすめします。

 

色素沈着ニキビ跡におすすめの化粧水

色素沈着ニキビ跡におすすめの化粧水は、酸化しにくく安定性の高い最新型ビタミンC誘導体「VC200」を使用している「VCローション(8,640円・税込)」です。
最新型ビタミンC誘導体が、ニキビのもとである皮脂を抑制し、炎症を鎮め、色素沈着した角質を落として肌をきれいに再生します。
また、ビタミンC誘導体とハイドロキノンが両方配合されている「ビーグレンニキビ跡ケア(トライアルセット 1,800円・税抜)」もおすすめです。
ビタミンC誘導体とハイドロキノン配合化粧水は数多くありますが、肌の表面だけに留まる処方では治療に効果はないので、この二つの成分がしっかりと浸透するように加工された商品を選んでください。

 

クレーターニキビ跡にはプラセンタエキスが効果的!

クレータータイプのニキビ跡は、ニキビのために皮膚を作る真皮部分が破壊され、再生不能となったため凹んでしまう現象です。
ニキビ跡の中では治療が難しく、時間がかかるのが特徴です。
そんなクレーターニキビ跡の修復に必要な成分は、胎盤から抽出されたプラセンタです。
プラセンタは、細胞の新陳代謝をアップさせターンオーバーを促進し、コラ―ゲンの生成も助けます。
また、メラニンの放出を抑えて色素沈着も防ぎます。
さらに、保湿成分であるヒアルロン酸、皮膚を再生するために必要なコラーゲンなども加わっていると、より一層治療に効果があるでしょう。
クレーターニキビ跡の治療には、いかに皮膚を保護して再生させるかが重要になるのです。

 

クレーターニキビ跡におすすめの化粧水

クレーターニキビ跡におすすめの化粧水は、「リプロスキン(1本 4,980円 税抜)」です。
有効成分として、水溶性プラセンタエキスが配合され、皮膚を再生しふっくらとしたうるおい肌を実現します。
プラスして、コラーゲン・ヒアルロン酸が配合されており、クレーターニキビ跡に効果のある成分がすべて揃っています。
また、グリチルリチン酸ジカリウムで肌を傷つけないように処方されているので、凸凹の肌でも安心して使用することができます。
さらに、美白美容成分も配合されているため、色素沈着や赤み、全てのニキビ跡の悩みをカバーしてくれる優れものです。
しかし、まれに肌質に合わない人もいますので、異常を感じたらすぐに使用を中止して下さい。