ニキビ跡 化粧水 洗顔

ニキビ跡ケアでは洗顔も大切!

ニキビ跡 化粧水 洗顔

ニキビ跡のセルフケアには、ピーリングや化粧水を使う方法があります。
ピーリングで古い角質を取り除き、ニキビ跡ケア用化粧水の有効成分によって肌の代謝を促せば、徐々にニキビ跡は消えていきます。
しかし、こういったケアをしていても、思ったような効果が出ない人もいるのではないでしょうか。
その原因は、洗顔にあるかもしれません。
ニキビ跡ケアにおいて、洗顔は基本的かつ重要なポイントです。
このページでは、ニキビ跡に有効な洗顔、おすすめの洗顔料も紹介します。

 

ニキビ跡を改善する正しい洗顔

泡でやさしく洗顔

洗顔料を泡立てずに使っていませんか?
特に時間がない時、忙しい時間帯に洗顔する時は、どうしても手を抜いてしまいますよね。
しかし、その洗顔によって、ニキビ跡が治りにくい皮膚の状態を作ってしまっている可能性があります。
洗顔料を泡立てないと、手からの摩擦によって肌に負担がかかり、ニキビ跡が治りにくい状態になってしまうのです。
逆に、洗顔料を泡立てると、手からの摩擦を減り、肌に優しい洗顔をすることができます。
洗顔料を泡立てるには、泡立てネットが便利です。
短時間で泡立てることができ、肌の負担のかからない洗顔をすることができます。
洗顔をするときには、泡立てネットの活用を忘れないようにしましょう。

 

肌にやさしい洗顔料を選ぶ

洗顔料をしっかりと泡立てることで肌への負担を減らし、肌の回復力が高まることでニキビ跡も徐々に薄くなります。
肌への負担を減らすには、使う洗顔料もしっかりと選びましょう。
洗浄力の高い洗顔料は、肌への負担が大き過ぎる場合があります。
肌に優しい洗顔料を選べば、効果的なニキビ跡ケアにつながります。
吸着洗顔ができるクレイ石鹸などを利用したり、ピーリング効果がある洗顔料でも、できるだけ低刺激なものを選ぶようにしましょう。
ニキビ跡ケアでは、できる限り肌への負担を減らした洗顔を心掛けることが重要なポイントになります。

 

ぬるま湯で洗う

洗顔をする際は、水の温度もポイントです。
皮脂の分泌量が多い人は、余分な皮脂を落とすために熱いお湯で洗顔しがちです。
しかし、これでは必要な皮脂まで落ちてしまい、肌に負担をかけることになります。
また、冷たい水も肌に負担をかけてしまいます。
毛穴の開きが気になっている人は、毛穴を引き締めるために冷水で洗いがちですが、その効果は一時的ですし、何より血流の悪化を招く心配があります。
適温は32〜34℃くらいです。
洗顔前に、適温のぬるま湯である程度の汚れを落とし、肌を湿らせます。
その後に顔を洗い、ぬるま湯で洗顔料が残らないようにしっかりとすすぎをしましょう。

 

ニキビ跡を悪化させるかも!?間違った洗顔

ゴシゴシ洗顔はNG!

ニキビ跡ケアでは洗顔は重要なのですが、ゴシゴシと力を入れてこすってはいけません。
特にオイリー肌の人のは、力を入れて洗顔しがちですから、注意しましょう。
皮脂の分泌量が多い人はニキビができやすく、さらにニキビ跡を増やすことにもなります。
そのため、皮脂をしっかりと落とそうと過剰に洗顔してしまうのですが、皮脂を落としすぎると肌が乾燥し、さらに皮脂の分泌量を増やす原因ともなります。
また、力を入れて洗うと肌への負担が大きく、ターンオーバーを乱してニキビ跡が治りにくくなってしまいます。
ニキビ跡ケアの洗顔は、あくまでも「肌に優しく」が基本です。

 

洗顔を一日に何度もする

ニキビやニキビ跡が気になる人は、少しでも肌を清潔な状態を保とうと、一日に何度も洗顔しているかもしれません。
こまめに洗顔をすることで、ニキビの原因となるアクネ菌の増殖も抑えることも可能ですが、洗顔は肌に負担をかけることを忘れてはいけません。
肌の抵抗力が落ちれば、逆にニキビができやすい状態になってしまうこともあるのです。
過剰な洗顔は肌のバリア機能を低下させる原因ともなるので、控える必要があります。
適度な洗顔回数は、朝と夜の一日2回です。
1日に何回も洗顔している人は不安を感じるかもしれませんが、この回数を守ることで、徐々に肌が回復していることが実感できると思います。

 

ニキビ跡ケアにおすすめの洗顔料

ビーグレン クレイウォッシュ

肌に優しい洗顔をしたいと考えている人におすすめなのが、ビーグレンのクレイウォッシュです。
このクレイウォッシュには、モンモリロナイトと呼ばれる天然クレイが配合されており、皮脂や汚れだけを落とす「吸着洗顔」ができます。
肌をいためることなく、メイク汚れや皮脂、古い角質やアクネ菌を洗い落とすことができるため、ニキビ跡ケアにはおすすめです。
また、天然クレイの他にも、肌荒れを防ぐグリチルリチン酸ジカリウム、保護膜を作るスクワラン、ターンオーバーを整えるカモミラエキス、高い保湿力のあるヒアルロン酸の4つの美容成分が配合されています。
ビーグレンのクレイウォッシュは、肌への負担が少なく、汚れを落とすだけでなく潤いのある肌にも導いてくれるので、乾燥肌や敏感肌の人にも最適な洗顔料です。

 

どろあわわ

クレイ洗顔料として有名な商品がどろあわわです。
どろあわわなら、今まで使ったことがない人でも名前だけは聞いたことがあるかもしれません。
この洗顔料には、沖縄の海底にあるマリンシルト、吸着性の高いベントナイトが配合され、古い角質や毛穴汚れを優しく落とすことができます。
また、名前からも分かるように、泡立ちが良い点も特徴で、弾力のある泡で洗顔時の肌への負担を軽減できます。
さらに、豆乳発酵液や加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、黒砂糖エキスなど、厳選された保湿成分が配合されているため、肌にしっかりと潤いも与えてくれます。

 

ルナメアAC ファイバーフォーム

ルナメアACファイバーフォームには、角質洗浄に効果的な2種類の成分を配合しています。
カオリナイトを主成分とするカオリンと呼ばれるクレイ、スクラブ効果のあるファイバースクラブです。
スクラブと聞くと肌への負担が気になるところですが、ファイバースクラブは繊維状の小さな粒子なので、固形状のスクラブと比べ肌への負担が少ないのが特徴です。
また、肌への負担が少ないだけでなく、しっかりと毛穴汚れを絡め取ってくれる点も特徴と言えます。
セイヨウナシ果汁発酵液、ヒオウギエキス、ビルベリー葉エキス、アーチチョーク葉エキスなどの潤い成分も配合されているため、ニキビ跡ケアにはおすすめの洗顔料の一つです。